ttl-profile

 

IMG_1868

 

名前 りりこ (山口知恵子)りりさん りりちゃん、りーさんと呼ばれます
誕生日 1976年4月13日
出身地 海老名市
血液型 O型
特技 深い慈愛と繋がった時のチャネリング
趣味 家族とキャンプやBBQをすること、毎年夏には沖縄旅行に行っています。毎年ヴァイアナの授業を受けたり、またはヴァイアナのアシストタントとして、アメリカまたは世界各国に行きます。


2018年日本で開催シータ・ヒーリング インストラクターのセミナーもアシスタントとして参加します

 





 

 

 

 

 

IMG_0195

資格
シータ・ヒーリング認定サイエンス

シータヒーリングのセミナーを合計20個教えています


サイエンスの資格とは、シータヒーリングの全てのセミナーのインストラクターの資格を持つ人に与えられる

最高位の権利です。

スクリーンショット 2018-03-29 21.25.04

 

シータヒーリングサロン リリィ・イン・ブルームの思い

講師のりりこをはじめ、アシスタントもみな、

当サロンは、受講生さんが、深く愛されて人生を目覚められる様な場所になっています

その結果、ヒーリングで目覚められなかったという方はいなく、インストラクターにまで成長する受講生さんが
ほとんど。

当サロンの卒業生さんは、自分のその先の、その先まで、幸せになっていく方ばかりです。

ヒーリングは愛です。自分への愛といろんな愛。
「やり方」への執着を終えて、愛を知って欲しいです。その後にやり方を学べば、それは簡単ですから。
受講生さんは、そのものが愛です。
当サロンは、講師もアシスタントも受講生さんに愛を持って接し、決して押し付ける事なく、「なりたい自分になる方法」が知れます。

この場所は「受け入れられてる」という、深い愛を感じて頂けると嬉しいです。

人生は「何かを経験して自分を発見する」の連続だと思っています。

始めたばかりの不安定や先へ進んだ時の限界など、

そんな学びの連続の時に答えがあり、スムーズで素晴らしい結果が出る「あったらいいな」が備えられる場所として

サロンとして作りをしています。

 

 

 

りりこの シータ・歴

201112月 基礎DNAプラクテショナー プラティクショナー
2012
1月 応用DNAプラクテショナー プラティクショナー
2012
2月 アナトミー(人間解剖学) プラティクショナー
2012
2月 リズム プラティクショナー
2012
3月 ソウルメイトセミナー プラティクショナー
2012
5月 豊かさと願いの実現 プラティクショナー
2012
5月 ゲームオブライフ プラティクショナー
2012
7月 ワールドリレーションズ プラティクショナー
2012
8月 病気と障害 プラティクショナー
2012
9 DNA3 プラティクショナー
2012
12月 ファミリータイズ プラティクショナー
2012
12月 プロコーチング プラティクショナー
2012
12月プロコーチ 講師力UPセミナー プラティクショナー
2012
12月 プロコーチ開業セミナー プラティクショナー
2013
3月 ハッピーライフ プラティクショナー

IMG_0194

20124月 基礎DNA インストラクター
2012
4月 応用DNA インストラクター
2012
4月 豊かさと願いの実現インストラクター
2013
4月 ゲームオブライフインストラクター
2013
4月 アナトミーインストラクター
2013
4月 ライトボディ アクティベーションプラティクショナー
2013
4月 ライトボディアクティベーションインストラクター
2013
6月 シータヒーリング マスター認定

IMG_0193・ハートソングのデモセッション

20136月 レインボーチルドレン インストラクター
2013
7月 クリスタルレイアウト プラクティショナー
2013
8月 クリスタルレイアウトインストラクター
2013
8月 クリスタルリモートビューイング プラティクショナー
2013
8月 クリスタルリモートビューイングインストラクター
2013
8月 病気と障害 インストラクター
2013
8月 ワールドリレーションズ インストラクター
2013
8 DNA3 インストラクター

20138月 シータ・ヒーリング サイエンス認定

IMG_0191

201311月 アニマル&プラントプラティクショナー
2014
4月 存在の層 プラクティショナー
2014
4月 アニマル インストラクター
2014
4月 プラント インストラクター
2014
8月 存在の層 インストラクター
2014
8月 ディグディッパーインストラクター(掘り下げ)
2014
8月 ファミリータイズインストラクター

2016年10月 ヴァイアナのアシスタント inアテネ

 2016年6月豊かさと願いの実現イントラ再受講

2018年2月パートナーシップ1,2インストラクター取得

IMG_3843

2018年 春 東京にてシータ・ヒーリング インストラクター 講師ジョシュのアシスタント

IMG_4936

シータヒーリングの認定サイエンスになり6年目。更新しました。

 

IMG_4238

 

 

2019年8月モンタナにてリレーションシップ3.4のインストラクター取得

スクリーンショット 2019-08-23 5.29.08

2019年8月 存在の層2プラクティショナー取得

スクリーンショット 2019-09-15 17.47.38

 

IMG_7686

2019年モンタナより

 

人生の初めは本当に辛いものでした。8年前の私の人生は終わりかけていてバラバラでした。

その時にシータヒーリングを藁にもすがる思いで初めました。

私が知らないうちに身についていたネガティブな考えが、現実になってしまっていたと知ったのです。

ネガティブな思考をポジティブな考えへと受け入れてから

自分の経験するものは、私で決める。

このやり方を思い出して、

目が覚めました。

意識が拡大して「自分が誰なのか?」思い出して行けたのです。

過去生では何だったのか?
何しにここに来たのか?
誰と愛し合うためなのか?

人生って先がわからないから学べて面白いって思っていたけど

先がわかっていたらもっと面白いし、もっと良い経験に変える事ができました。

私が知った唯一自分にすべき事は

「自分を知って、あらゆる側面の幸せを経験すること」です。

 

自分が誰なのか知ったら、

ちゃんと幸せを責任持って経験しよう!と思えるようになりました。

今まではずっと 縮くまって、人生から隠れていたから。

 

今では、

私から人生を生きています。

 

本当の私は

ユーモアですし、案外と女の子です。強い面もありますがそこも私のお気に入りなんです。

 

永遠の幸せとは

自分を知って、全ての側面の私を愛する事だと思っています。

 

 

なぜ?ヒーラーという仕事をしているのか

りりこが、

小さい頃から「深い慈愛」と繋がっていた時の話

 

私は、覚えている限りだと、小学校2年の時から「深い慈愛」と繋がっていると知っていました。

 

眠っていると、深いピンク色のエネルギーが私のハートにやってきて、脳で感じて、またとハートに繋がっていくのです。

「慈愛」とは、他人をまるで我が子のように愛する無償の愛。

 

マリア様や、マザーテレスなどが持つ、とても高い振動数です。

 

この深いピンクの慈愛が、私にやってくると

まるで天国の中に入ったかのように、人を愛してしまい、どんな姿の男性も女性も無条件に愛してしまい、

至福そのものの中で一夜過ごしたりしていました。

 

幼い子供の私は、これが初恋の様なものでした。

 

あまりにも幸せな振動数なので、このエネルギーを保ちたいのですが、

現実の学校生活や世間の厳しいルールから、

次第に、私の振動数は下がり、

信じているのは「将来の恐れ」ばかりになってしまいました。

 

現実はもっと厳しいという、極端な自分を制限する思考パターンを持ち始めた時から 

「未来の恐れ」ばかり考えていたものです。

 

それでも、夜中に「深い慈愛」は、時々私を訪れてくれて

その至福の振動数に癒されていました。

 

「深い慈愛」は、決まって眠っている時にやって来て、

その時だけは、完全に現実世界から離れる事ができました。

この慈愛がきた時、

私は、全てが自由なのです。
全部、持っていいのです。
全部、食べていいし、全部買っていい。今日、一番の喜びを経験していい。

この感覚がいつもあって、忘れたり思い出したりしていました。

誰かを「深く愛していた様な・・・」と言うのは、

今もずっと覚えている感覚です。

 

 

でも、この振動数は高すぎるので、決まって副作用がありました。

朝には起きてこれなくなります

 

1か月間くらいは、その振動数に完全に味わう事ができ、

そのうちに、大きくなるたびに、二週間・・・一週間・・・と・・・幸せを味わえる時間が減ってきてしまって。

 

「もっと現実的にならなければならない」と思い始め

「未来の恐れ」を持った方がいいと、信じ始めてしまいます。

 

現実を生き抜くためには、もっと自分を厳しくする思考が必要でした。

この自分を厳しく制限する思考で、

私を、世間知らずではない、常識のある人にしてくれたのだと思います。

でも、夢もロマンスも消えて行きました。

 

シータヒーリングを初めて、また思い出しました

人を愛する「深い慈愛」を・・・

 

幼い頃に、時々来てくれた深い慈愛は

シータヒーリングを始めて、自分を制限する思考パータンの解放をしたら、

あの「深い慈愛」と、副作用なく一緒に生きれる様になりました。

この高い振動数は、私をいつも創造主と繋げてくれています。

 

私が サロンに来る受講生さんや人を愛するという気持ちをずっと持っているのは、

もともと持っているものを思い出せたからです。

 

 

 

 

完全に慈愛を忘れた時、人生は過酷でした。

 

私はネガティブな自分を採用してしまったので現実が不幸になりました。

母はずっと乳がんで闘病中でしたし、父はアルコール中毒になってしまいました

不幸は終わらず、貧乏な生活を強いられていました。

 

私の心の中は、慈愛よりネガティブが勝ってしまいました。 辛い環境でした。

創造主と分離してしまうと本当に辛いです。

 

なので、また創造主とどの様に繋がるのか、そのやり方を思い出せたらいいです

 

 

人生の変え方は、ヒーラーに教えてもらうのが一番早いのです。

 

 

 

 

 

 

_MG_5519

 

 

まだ人生に迷いがある方へアドバイス。

 

私が不運で生きていた原因は、自分の心にある愛を忘れてしまったためです。

過去において、様々な出来事による苦しみや、耐えきれない程の深い悲しみ、

自己否定した暗闇の被害者意識、

まだ それが起きるのではないかという恐れからでした。

 

あなたがあなたをわかってあげましょう。そして前に進める様にしてあげましょう。

 

りりこの動画

りりこの動画はこちら

 

 

 

ラジオアイコン背景あり

http://honmaru-radio.com/category/ririko/

 

 

シータヒーリングをスタートする「基礎セミナー」は、こちら

mv

 

 

人気ブログ!0円から始めたシータヒーリング。

シータヒーリングに出会ってから、心ゆく変化が
赤裸々に書かれたブログです。

りりこの人気ブログとなっています。 

21284309_1468982139845135_21275091_o

 

 

第2話 裏切らなかった結果編
スクリーンショット 2016-02-02 22.42.23

第3話 無条件の愛・編

スクリーンショット 2016-03-18 12.39.52

 

 

 

17年間に及ぶ、乳がんの母の闘病生活

17年間に及ぶ母の闘病生活

母の乳がんとわたしの使命

高校2年生の時に、我が家に転機がおきました。
母が乳がんになったのです。

当初は小さい乳がんであり、転移の心配はないとされていましたが
それは、17年かけてゆっくりと骨や他の臓器に転移していきました。
わたしの使命はこのときから始まったのです。

母には大事にしている宗教があり、
そのボランティア活動として同じ病気で苦しむ人に
愛を与えながら励ますという活動をしていました。

人に親切にしている方が元気でいられる、と言っていたのを覚えています。
それでいて、いつも笑っている人でしたから
母は神を信じて行動していましたが
どんなに、いい行動をして自分をごまかしても、癌は進行していき
体はガリガリで体重は30キロぐらいしかありませんでした。
抗がん剤の影響で髪の毛もなくなり、女性の美しさは捨てたようなものです。
5度の手術で両方の胸は摘出していました。

「そんな母を救えるのは、私だけだ」
という気持ちが強くなり、わたしも人生を捨てた気持ちで17年間取り組みました。


ネガティブな思考に振り回され…

私に、青春時代なんてありませんでした。
母を支えている私もぼろぼろになっていき、
大好きな母が希望を失くしていくのを見ていられませんでした。

17年のあいだ、保険適応の抗がん剤や
放射線の治療はすべてやり尽くし、しかしどれも効果はなく、
大好きな母が日に日に悲しみに暮れ弱っていくのは、本当に辛い日々でした。
医者は口を揃えてもう無理だと言い、私たちは深く傷つけられました。
だけど医者の言葉を信じる訳にはいきませんでした。
信じてしまったら母が死んでしまうからです。

最後の5年間は本当に過酷なものでした。

海外から無認可の抗がん剤を取り寄せ、
一回に60万円かかる注射を週に2回行ったり
手の波動によりエネルギーを出して癌を攻撃する仙人による治療、
それも一回5万円を計30回、
サプリメントを大量に飲む高額な治療、ひと月10万円など
私たち家族は悲しみのあまり、正しい判断など出来ずに
出来る治療はすべて行い、その治療費は数千万円を超えていました

今思えばあの時、「純粋な愛につながる」という意識が
私にあったら、母は助かったかもしれせん。
でもあの時はシータヒーリングに出会ってなく、
ネガティブな思考に振り回された行動をしてしまいました。
恐れからくる行動は、奇跡を起こすのを遠ざけてしまいました。


長い闘病生活のさいごに


母の癌は、骨、肺、そして皮膚に転移していました。
皮膚を見て毎日、癌の大きさが把握できるので、それはもっと母を苦しめました。

皮膚に癌が広がると体が硬直して、
痛くて眠れない日々です。それに病臭もきつくなり。
毎日、痛いよって携帯で呼び出されたのを覚えています。

そんな状態の母に私は何も出来なくて、
「大丈夫、大丈夫」って声をかけるだけでしたが
この段階でも、まだ神が助けてくれる、奇跡が起きるって信じていました。
癌は脳には転移しなかったので、
私の事を覚えてくれていたのは本当に嬉しかったです。

このような辛い闘病生活は、本当に過酷で
耐えられるような悲しみではありません。
できれば、目をそらして生きることも選択できましたが
母を見捨てるなんて出来ませんでした。

私も、癌になったような気持ちで一緒に過ごしていました。
私だって誰かに助けてもらいたい…本当はそう思っていました。
私は神に祈る時間が長くなりました。奇跡よ…奇跡よ…

誰かに相談するのは、嫌いでした。
なぜなら誰もこの気持ちは分かってくれないって思っていたのです
私は、たくさんの限界に立ち向かう思考を持っていました。
それは、現実化してしまいました。
本当は「癌が消える、奇跡が起きる」なんて思考は持っていなかったのです。

思い込みのとおり、癌は癒えませんでした。
母は、肺に水がたまってしまうので、毎日溺れる恐怖と戦っていました。
最後に母は、水に溺れる苦しみを耐えられずに、
私に「モルフィネで死なせてくれないか?」って聞かれました。
そんな事を母に言われて、私は悲しくて悲しくて、
最後のわがままを言っていいなら
「植物人間でもいいから生きてほしい」って
言いたかったけど、それは言えませんでした。
母の苦しみは痛いほど分かるし、見ているのも限界でした。

モルフィネを肌に貼ると、
「もう意識がもうろうとして記憶がなくなるかも」と医者に言われ
もう私の事は分からなくなっちゃうかなって思い、
怖かったけど覚悟して、私がモルフィネを貼りました。
愛している人にモルフィネを貼るのは悲しすぎました。

それから母は、1日で話が出来なくなりました。うつらうつら…
今思えば、魂がさまよっていたのでしょう。
2日目にまたモルフィネを貼るときは、
これを貼れば死んでしまうっていうのは分かっていたので、手が震えました。
もうお母さんの声が聞けなくなる…。

やっぱり、お母さん…って声をかけても返事がなくて。
その晩も、意識がないけどかすかに息をしている母の隣で一緒に寝ました。
最後の時間は、なぜか不安が消えて、愛に包まれている気持ち。
最後に母とわたしの魂は抱き合っていたのだと思います


母から子へ、最後の子育て

母の顔を覗き込んだ 2秒…
私は、スーーーっと、最後のひと息をしなくなる瞬間を見ました。
お母さん…「もういいよ」
心臓が止まり、腕の脈が止まり、血の気が引いていき、
なぜか口角が上がり、笑ったような顔で死んでいきました。

お母さんの、亡くなる、愛になる瞬間に出会えました。
私が顔を覗き込んで、安心して次の旅に出たようです。

私は、スピリチュアルな方ではありませんでしたが
母の声で「バンザーイ、バンザーイ、やりきったぞぉ~」って聞こえてきました。

本当に病気は戦いでした。
私たちは、抵抗して頑張り過ぎてしまった。
本当は、病気を愛すればよかったんです。

でも、そう思えなかったのが
人間の思考であり、ガチガチの脳なんです。

お母さんは、わたしがヒーラーとして成長するために、
本当にいい経験をさせてくれた。
この経験は、母から子へ、最後の子育てだったのだと思います。

わたしは、この経験で、人一倍、思いやりを持ちましたが
残っている仕事は、潜在意識の思い込みを片付けることです。
ネガティブな思い込みがたくさんあったので、
私はこのように面白いドラマを創ってしまいました。

経験して終わりではありません。
潜在意識は放っておけば、また違うかたちで芽を出してしまうのです。
だって自分が信じていることだから。

神は外にはいませんでした。神は私の中に存在するのものです。
シータヒーリングに出会ったあとは、自分を許してあげることを実践しています。
決してがんばりすぎることなく。

母が言っていた
「しっかりした人になりなさい…」
生まれ変わった私は、しっかりと土台のある人になりました。
今の姿をきっと母は褒めてくれるんじゃないかなと思っています。
シータヒーリングと出会って


シータヒーリングを始めて思い出せた「深い慈愛」

わたしの人生は8年ほど前まで本当に辛いものでした。
母はずっと乳がんで闘病していましたし、
父はアルコール中毒になってしまい、貧乏な生活を強いられていました。

そんな時に藁にもすがる思いでシータヒーリングを始めました。

自分でも気づかないうちに身についてしまっていたネガティブな考え方が、
つらい現実を引き起こしてしまっていたと知ったのです。

シータヒーリングを学ぶことで、
ネガティブな思考をポジティブな思考へと変えられるようになってからは
”自分がする経験は、自分が決める。”
そう実現できるやり方を思い出して、目が覚めました。

幼い頃に、時々来てくれた深い慈愛は
シータヒーリングを始めて、自分を制限する思考パターンから解放をしたら、
あの「深い慈愛」と、副作用なく一緒に生きれられるようになりました。
この高い振動数は、私をいつも創造主とつなげてくれます。

私が知った”唯一の自分にすべき事”は
「自分を知って、あらゆる側面の幸せを経験すること」です。

自分が誰なのかを知ったら、
幸せをちゃんと責任持って経験しよう!と思えるようになりました
今では、受け身ではなく私から人生を生きています。

本当の私はユーモアがありますし、意外と女の子です。
強い面もありますがそこも私のお気に入りなんです。

永遠の幸せとは
自分を知って、全ての側面の私を愛する事だと思っています。

サロンに来る受講生さんやまわりの人を愛するという気持ちを
私がずっと持っていられるのは、もともと持っていたものを思い出せたからなのです。

なので、また創造主とどの様につながるのか、そのやり方を思い出せたらいいんです。
人生の変え方は、ヒーラーに教えてもらうのが一番早いと思っています。

人生に迷いがある方へアドバイス。
私が不幸な人生を送っていた原因は、
自分の心にある愛を忘れてしまったためです。

過去の様々な苦しみや、耐えきれない程の深い悲しみ、
自己否定してしまう暗闇の被害者意識、
またそれが起きてしまうのではないかという恐れからでした。

あなたがあなたを分かってあげましょう。
そして前に進めるようにしてあげましょう。

スクリーンショット 2018-03-29 21.25.13https://japan.thetahealing.com/

「シータヒーリング® とシータヒーラー® はTHInK(www.thetahealing.com)の登録商標です」