ttl-profile

 

_MG_5181

名前 りりこ (山口知恵子)りりさん りりちゃんと呼ばれます
誕生日 1976年4月13日
出身地 海老名市
血液型 O型
特技 愛の完全さとチャネリングすること
趣味 家族とキャンプやBBQをすること、毎年夏には沖縄旅行に行っています。毎年ヴァイアナの授業を受けたり、またはヴァイアナのアシストタントとして、アメリカまたは世界各国に行きます。


2018年日本で開催シータ・ヒーリング インストラクターのセミナーもアシスタントとして参加します

IMG_0322

 

 

 

IMG_0195

資格
シータ・ヒーリング認定サイエンス
サイエンスの資格とは、シータヒーリングの全てのセミナーのインストラクターの資格を持つ人に与えられる
最高位の権利です。


スクリーンショット 2018-03-29 21.25.04
 

 

活動内容

病院へ癌の方へのヒーリングに。毎週1度行っていました。完治する瞬間も立ち会いました。
リュウマチの方への完治。糖尿病の完治。自閉症の方の治療に専念していました。
大阪へ出張し、セミナーの開催。
東京へ出張し、セミナーの開催。
お医者さま専属でセミナーを開催しています。
超有名タレント芸能人専属え個人セッション&セミナーの開催をしています。

 

りりこの シータ・歴

201112月 基礎DNAプラクテショナー プラティクショナー
2012
1月 応用DNAプラクテショナー プラティクショナー
2012
2月 アナトミー(人間解剖学) プラティクショナー
2012
2月 リズム プラティクショナー
2012
3月 ソウルメイトセミナー プラティクショナー
2012
5月 豊かさと願いの実現 プラティクショナー
2012
5月 ゲームオブライフ プラティクショナー
2012
7月 ワールドリレーションズ プラティクショナー
2012
8月 病気と障害 プラティクショナー
2012
9 DNA3 プラティクショナー
2012
12月 ファミリータイズ プラティクショナー
2012
12月 プロコーチング プラティクショナー
2012
12月プロコーチ 講師力UPセミナー プラティクショナー
2012
12月 プロコーチ開業セミナー プラティクショナー
2013
3月 ハッピーライフ プラティクショナー

IMG_0194

20124月 基礎DNA インストラクター
2012
4月 応用DNA インストラクター
2012
4月 豊かさと願いの実現インストラクター
2013
4月 ゲームオブライフインストラクター
2013
4月 アナトミーインストラクター
2013
4月 ライトボディ アクティベーションプラティクショナー
2013
4月 ライトボディアクティベーションインストラクター
2013
6月 シータヒーリング マスター認定

IMG_0193・ハートソングのデモセッション

20136月 レインボーチルドレン インストラクター
2013
7月 クリスタルレイアウト プラクティショナー
2013
8月 クリスタルレイアウトインストラクター
2013
8月 クリスタルリモートビューイング プラティクショナー
2013
8月 クリスタルリモートビューイングインストラクター
2013
8月 病気と障害 インストラクター
2013
8月 ワールドリレーションズ インストラクター
2013
8 DNA3 インストラクター

20138月 シータ・ヒーリング サイエンス認定

IMG_0191

201311月 アニマル&プラントプラティクショナー
2014
4月 存在の層 プラクティショナー
2014
4月 アニマル インストラクター
2014
4月 プラント インストラクター
2014
8月 存在の層 インストラクター
2014
8月 ディグディッパーインストラクター(掘り下げ)
2014
8月 ファミリータイズインストラクター

2016年10月 ヴァイアナのアシスタント inアテネ

 2016年6月豊かさと願いの実現イントラ再受講

2018年2月パートナーシップ1,2インストラクター取得
IMG_3843

2018年 春 東京にてシータ・ヒーリング インストラクター 講師ジョシュのアシスタント

 

今まで・・・

生徒さんやお友達から、ずっとはじめから幸せだったのでしょ?と聞かれる事がありますが

わたしは、決して簡単な人生ではありませんでした。

母はずっと乳がんで闘病中でしたし、父はアルコール中毒でしたし、

私はずっと人の面倒を見てきたと思います。

誰かをなぐさめて、はげまして、心を大事にして育つことはしてきましたが

どうやって人生を変えればいいのか?わからないし、

どうやって、家族を救えばいいのか?本当のことがわからずに苦しんだのだと思います。

 

 

 

 

小さい頃から貧乏でしたが 

30歳以降からは、更にエスカレートして不幸の連続でした。

その間に抱いてしまった嫉妬や友達がいない孤独感。怒りだらけのちっぽけな自分。

このような気持ちは、長い年月をかけて自分の臓器と細胞にため込まれていて病気も引き起こしました

いい人を装いましたが幸せにはなれませんでした。

 

いい人でいることに限界を感じて、自分と向き合うことに。

 

シータ・ヒーリングを通じて、自分を開放していくたびに 宇宙のことを深く理解し始め

人に教えられるほどわかるようになっていきました。

自分で人生を変えられるという事を。

 

私が、シータ・ヒーリングで人生を変えたのはあっという間でした。

 

 

原因は潜在意識は正しい方向に向いてなかった事と・・・
ゆっくりにしようとする働きがあること・・・


潜在意識とは、自分がこれから経験することのプログラムのようなものです。

私が望んでいるのは、幸せなポジティブなものでしたが、私の潜在意識は真逆にすすんでいました。

苦しみを経験させ終わりのない方向に向かい、そこから沢山学べとプログラムされ、

情熱があり前を向いても「後ででいいよ、今度でいいよ」とゆっくりにする働きが、

私をだめな方へ流してしまう正体でした。

このプログラムに本当に苦しんでいました。

これを変えられるなら、好きなことだけを選択することが出来、正しい方向に自分を進めて

積極的に生きたいと思いはじめました。

シータヒーリングを真剣に学び、人生を経験する仕組みを理解し、急に悟ったように、人生を変えるのは自分次第なんだと気がついたのです。

シータヒーリングとの出会いは、目覚める思いでした。

 

 

結果、本当の私に戻るように、ポジティブな心になれました。

本当のわたしは美しいんだと感じることができるのもある意味奇跡でした。

今は、ストレスを感じない毎日を過ごしています。

 

とても幸せで、幸せで、愛している人がいつも自分の回りにいること

今まで出来なかった旅行やお買い物、ただそれを叶えるのが楽しくて、

リラックスすることも冒険することも上手に出来るようになりました

生きることに情熱もあります。

シータヒーリングを通じて、私は欲しいものをいっぱい手することができました。

 

私の生き方は

しなければならない事に毎日支配されていましたが、

今では同じ事をしているのに「したいからしている」という毎日の楽しさ。

 

この心の中の自由さは、この地球で、生きることが楽でスムーズにしてくれて

喜びやロマンスを人生に創り出すスペースが生まれて それを経験しだします

その方法は、自分の中の支配を返して、愛をもう一度 蘇らせたという、

とてもシンプルなことからでした。

_MG_5519

 

 

まだ人生に迷いがある方へアドバイス。

安心で幸せな人生を送りたいのは当然の事と思います。

私が不運で生きていた原因は、

過去において、様々な出来事による苦しみや、耐えきれないほどの深い悲しみ、自己否定した暗闇の被害者意識に、なぜそれが起きたのか、解決できずに、またそれが起きるのではないかとずっと恐れていたことです。

わたしたちは過去でのことを恐れて、それは学びを理解し完了すればいいだけです。

シータヒーリングはとても簡単なもの、

上昇して、シータ波動になり創造主に変えるといえば誰でも簡単に変える事ができます。

誰でもできる、とても簡単な方法です。

なので、シータヒーリングを活用して、自身でそのネガティブから、解決できるならば、毎日毎日が解決と喜びの連続になります。そして、つまらない時間に人生を使わなくてすむようになります。

 

 

シータヒーリングを習得する日々は

私にとって、集中的なデトックス期間でした。

まるで過去がキレイになるように。今がキレイになりました。

きれいになると

人生に良いことが起きる事が、だんだん加速していきます。

 

今からでも ご自分にとって一番いい人生を歩んでほしいと思います。

 

シータヒーリングを初めると人生が加速します

その証拠に、

4年間でサロンを2店舗開くことができました。これは、心で望んでいた結果でした。今年2015年9月にサロンを移転。愛に溢れた「夢の国」サロン相模大野店を新オープンしました。

それから2017年1月 市ヶ谷に移転し東京に進出!

さらに 2017年7月 東京用賀に新サロンを出しました。

どんどん夢の実現が早くなります

スクリーンショット 2018-03-29 21.25.13
「シータヒーリング® とシータヒーラー® はTHInK(www.thetahealing.com)の登録商標です」

 

 

りりこの人気ブログです シータヒーリングでどのように変化していったかをブログで書いています。

よかったらご覧ください。

0円から始めたシータヒーリング。人生を変えた成功までの道のり1年目
21284309_1468982139845135_21275091_o

 

 

第2話 裏切らなかった結果編
スクリーンショット 2016-02-02 22.42.23

第3話 無条件の愛・編

スクリーンショット 2016-03-18 12.39.52

 

 

 

17年間に及ぶ、乳がんの母の闘病生活

不幸であった時の話。私はずっと最悪な人生でした。

高校2年の時に、我が家に転機がおきました。
母が乳がんになったのです。

見つかった当初は小さい乳がんであり、転移の心配はないとされていましたが
それは、17年かけてゆっくりと骨や他の臓器に転移していきました。

わたしの使命はこのときから始まったのです。

最後の5年は本当に過酷なものでした。

17年かけて、保険適応の抗がん剤や放射線の治療はすべてやり尽くし、どれも効果はなく、
大好きな母が日に日に悲しみにくれ 弱っていくのは、本当に辛い日々でした。

母は、大事にしている宗教があり、
そのボランティア活動として同じ病気で苦しむ人に愛を与えながら励ますという活動をしていました。
人に親切にしている方が、元気でいられると言っていたのを覚えています。
それでいて、いつも、笑っている人でしたから

母は神を信じて行動していましたが

どんなに、いい行動をして自分をごまかしても、癌は進行して、
体はガリガリで体重は30キロぐらいしかありませんでした。

抗がん剤の影響で髪の毛もなくなり、女性の美しさは捨てたようなものです。
5度の手術をして、両方の胸は摘出しています。

「そんな母を救えるのは、私だけだ」という気持ちは、強く、わたしも人生を捨てた気持ちで
17年取り組みました。

私に、青春時代なんてありませんでした。
母を支えている、わたしこそが、本当にぼろぼろで大好きな母が希望をなくすのは見ていられませんでした。

ずっと希望をもち、あらゆる治療をしたのですが それはどれも、よい効果は発揮してくれず。
母は、保険で適応する治療はすべてしていました
医者はみんな揃って、生きるのは無理だと言い、心が傷つきました。

医者の言葉を信じる訳にはいきませんでした、信じてしまったら母が死んでしまうからです。

出来る事は何でもしました。
海外から無認可の抗がん剤を取り寄せ、一回に60万円を週に2回行う注射や
手の波動によりエネルギーを出して癌を攻撃する仙人に会いにいく治療 それも一回5万円を計30回
サプリメントを大量に飲む高額な治療 ひと月10万円など
家族は悲しみのあまり、正しい判断など出来ずに、出来る治療はすべて行い その治療費は何千万を超えています。

今思えば あの時、「純粋な愛」に繋がるという意識がわたしにあったら、母は助かったかもしれせん。
でもあの時は、シータヒーリングに出会ってなく、ネガティブな思考に合わせた行動をしてしまいました。

恐れからの行動は、奇跡を起すのを難しくしてしまいました。

母の癌は、骨、肺、そして皮膚に転移していました。
皮膚を見て毎日、癌の大きさが把握できるので、それはもっと母を苦しめました。

皮膚に癌が広がると体が硬直して、痛くて眠れない日々です、それに悪臭もすごい。
毎日、携帯で、痛いよって呼び出されたのを覚えています。

そんな、わたしは何も出来なくて、「大丈夫、大丈夫」って声をかけるだけしたが
この段階でも、まだ、神が助けてくれる、奇跡が起きるって信じていました。

癌は脳には転移していないので、わたしの事を、覚えてくれていたのは、本当に嬉しかったです。

このような、病気による闘病生活は、人間にとって本当に過酷で、耐えられるような、悲しみでは
ありません。できれば、目をそらして生きることも選択できましたが
母を見捨てるなんて出来ませんでした。

私も、癌になったような気持ちで一緒に過ごしました。

私の方が誰かに助けてもらいたい・・・本当はそう思っていました。

わたしは、神に祈る時間が長くなりました。奇跡よ・・・奇跡よ・・・

誰かに相談するのは、嫌いでした。

なぜなら・・・誰もこの気持ちはわかってくれないって思っていたのです。

私は、たくさんの限界に立ち向かう思考を持っていました。

それは、現実化してしまいました。
本当は、「癌が消える、奇跡が起きる」なんて思考は持っていなかったのです。

思い込み通り癌は癒えませんでした。

母は、肺に水がたまってしまうので、毎日溺れる恐怖と戦っていました。

最後に母は、水に溺れる苦しみを耐えられずに、わたしに「モルフィネで死なせてくれないか?」って聞かれました。

そんな事 母に言われて、私は悲しくて悲しくて、最後のわがままを言っていいなら

「植物人間でもいいから生きてほしい」っていいたかったけど。言えませんでした。

母の苦しみは痛いほど わかるし、見ているのも限界でした。

モルフィネを、肌に張ると、「もう意識がもうろうとして記憶がなくなるかも」と医者に言われ
もう私の事は、わからなくなっちゃうかなって思い、怖かったけど
覚悟して、わたしがモルフィネを張りました。

そんなの 愛している人にモルフィネを張るのは悲しすぎました

それから母は、1日で話が出来なくなりました。うつろ・・・うつろ・・・
今、思えば、魂がさまよっていたのでしょう。

2日目にまた モルフィネを張るときは、これを張れば、死んでしまうっていうのはわかっていたので、手が震えました

もう・・・お母さんの声が聞けなくなる。

やっぱり、お母さん・・・って声をかけても返事がなくて。
その晩も 意識がないけど、かすかに息をしている母の隣で一緒に寝ました。

最後の時間は、なぜか、不安が消えて、愛されてる包括された愛の気持ち。

最後に母とわたしの魂は抱き合っていたのだと思います

母の顔を覗き込んだ 2秒・・・
母は、スーーーっと、最後のひと息をしなくなる瞬間を見ました。

お母さん・・・
「もういいよ」
心臓が止まり、腕の脈が止まり、血の気が引いていき、なぜか口角が上がり、笑ったような顔で死んでいきました。

お母さんの、亡くなる愛になる瞬間に出会えました。

私が顔を覗き込んで、安心して次の旅に出たようです。

わたしは、スピリチュアルな方ではありませんでしたが
母の声で「バンザーイ、バンザーイ、やりきったぞぉ~」って聞こえてきました。

本当に 病気は戦いでした。

私たちは、抵抗して頑張り過ぎてしまった。

本当は、病気を愛すればよかったんです。

でも、そのように思えなかったのが 人間の思考であり ガチガチの脳なんです。

お母さんは、わたしがヒーラーとして成長するために 本当にいい経験をさせてくれた
この経験は 母から子へ、最後の子育てだったのだと思います。

わたしは、この経験で、人一倍、思いやりを持ちましたが
残っている仕事は、潜在意識の思い込みの片付けることです。

ネガティブな思い込みがたくさんあったので、わたしは、このように、より面白いドラマを創ってしまいました。

経験して終わりではない、潜在意識は放っておけばまた違う型で、芽を出し始めます。


だって自分が信じていることだから。

神は外にはいませんでした。神は私の中に存在するのものです。

シータヒーリングに出会った、あとは、自分を許してあげることを実践しています。

決してがんばりすぎることなく。

母が言っていた

しっかりした人になりなさい・・・

生まれ変わった私は、しっかりと土台のある人になりました。

今の姿を きっと母は褒めてくれるんじゃないかなと思っています。