茶色い肌をした一人の少女がいました。
小さいときから少女は、
自分は醜いと信じて生きてきました。
少女には、4人の姉妹がいて一番上の姉は
目がぱっちりのふたえで、
近所でも評判の可愛い女の子でした。
いつもその美しさに父や母からも自慢の娘だったようです。

そんな姉の姿を見て少女は、
瞳はぱっちりのふたえのほうが可愛いんだと思い込んでしまいました。

でも少女の目は、ひとえまぶたのうっすらとした瞳。
少女は思いました。

わたしは可愛くないんだ。

2番目の姉は肌の色が透き通るほど真っ白でした。
周りの大人達は、その真っ白な2番目の姉を見て
奇麗で美しいと魅了されていました。
パパとママは、その肌の色を保つ為に、
外敵から守る為に可愛い洋服を次々とプレゼントしていました。
そんな真っ白な肌を持つ2番目の姉をみて、
少女は自分の肌の色と比べました。 少女の肌の色は、茶色かかった色に公害に
あっても大丈夫なほどの強い肌。少女は、思いました。

わたしは可愛くないんだ。

3番目の姉は髪の毛がまっすぐでサラサラで
その美しい髪の毛はいつも良い香りが漂っていて。
3番目の姉は、その髪の毛の美しさに
やさしいパパとママはいつも髪の毛を
丁寧に洗ってくれていました。
3番目の姉は特に弱かったので、
少しパパとママからはなれるとすぐに体調を崩します。
なので、パパとママは3番目の姉をいつも抱いてました。

少女は思いました。


弱くないと愛してもらえないんだ。

少女は自分の姿をみて深く傷つきました。
わたしは、他の人と違う
瞳もひとえでうっすらしているし、
肌の色も茶色でとてもきれいとは言えない。
髪の毛も天然パーマで手入れもされてなく、
体も太っちょだった。
それに、なにより少女は体は健康で強かったです

パパとあんなにやさしく見つめ合った事なんてないし、
ママに抱っこされた事もない。

少女は泣き出しました。
わたしは、なんでこんなに肌が茶色いの・・・
わたしは、なんでこんなに可愛くないの・・・
わたしは、なんでこんなにくるくるパーマで他の人と違う・・・
なんで、わたしはこんなに健康なの・・・
わたしは、誰にも愛されていないんだ。

誰も・・・誰も・・・この世で
誰も私を愛していないんだ・・・。
大好きなパパやママでさえ、
姉ばかりに注目してばかりで・・・

幼い少女はその事を信じきって生きてきて
それはいつしか、少女の人生になっていました。

少女は、自分以外の何ものかになって
愛されるように努力し始めました。
奇麗になりたい・・・
瞳をぱっちりふたえにすれば、
きっと愛されるはず。

そうだ、肌を奇麗になれば愛されるかも。
髪の毛にいつも秘密のオイルで伸ばして・・・

そっか・・・
体が太いから愛されなかったのね
食べ物は食べない努力して・・・
体はガリガリになったけど・・・

愛されなかった。

どんなに努力しても愛されない少女は、
自分を攻撃するように
自分を否定し出しました。

こんな子いなくなればいいんだ
こんな子粗末にされてオオカミに
食われてしまえばいいんだ

少女はいなくなる覚悟をしました
草むらに寝転び自然と一つになり
とけ込もうとしたとき
何かが覗き込んできました

可愛いうさぎです

涙をたくさん流していた少女の瞳に
うっすらうさぎが見えました。

あなたも私を粗末にしに来たの?

うさぎは首を横に振り、
自身の事を「リラ」と名乗りました

リラは少女の心の中の愛の空間から現れたと言います。
あなたの愛の中にいつも住んでいたのだと。

「そのままのあなたを愛しているよ」
リラは言います。