スクリーンショット 2015-12-31 1.14.36
 

 

 

 

2015年12月29日

産後にうつになってしまったクライアントさんが、セッションを受けに来てくれました。

当時11時30分のお約束でしたが

 

お約束の時間30分過ぎても来なくて。来たのは、すでに12時過ぎ。

私は、12時40分から電話セッションのお約束があり、過密スケジュールだったので

「どうしよう・・・」

セッション時間が短くなってしまうと

思っていました。

 

ill7
 

 

次の方に迷惑をかけないために、仕方がない。60分のセッションは無理かな。

時間になったら終了するしかない。と思っていました。

 

(仮名)真理さんがサロンに到着したのは、大幅に時間をすぎていたのですが、大きなベビーカーを一人で持ち上げて、下を向いて入ってきて。

生後6か月の男の子の赤ん坊を一人で連れてきていました。

見てすぐわかりました、なんか事情があるんだな。

 

 

赤ん坊は、すやすや寝ていたけど、しびれるほど可愛い。

この子は、すごい子だと直感で感じました。

 

 

ママの真理さんは、小さい声ですみません。と言って、下を向いてちょこんと座りました。

 

「どこから来たの?」

と聞くと

 

「山梨県の富士山の近くから」・・・。

 

遠い・・・。

 

山梨県と言ったら、サロンのある相模大野から100キロ以上離れた場所です。

 

ベビーカーに赤ちゃんを連れて

わざわざ、私のところの会いに来てくれたようです。

 

 

私は、一瞬にして、ママも赤ん坊も可愛いく思えてしまって。

「この子のこと、めいいっぱい、一生懸命に尽くしてあげよう。」

すぐに可愛かったです。すごく。すごく。

 

 

ill11
 

本当は、時間が少なくなってしまうことを考えていましたが

すぐに次の方にメールを入れました。

時間の変更は信頼に欠けるので本来はしたくありませんが、

申し訳ないです。30分遅れにスタートさせてください。とお願いしました。

 

そして、

真理さんは、ちょこんと座り、ノートにぎっしりと今の自分の悩みや体の症状が書いてあるノートを見せてくれました。

私にあった時に、ちゃんと相談したくて念入りに書いてありました。

聞くと結婚してからすぐに、産後のウツがひどいこと。

 

話を聞いていくにつれ、私の心は相手に対して全開になっていて他人ごとでなかったです。

してあげれる事は何でもしてあげたい気持ちは、高まりました。

信じられないほど大事な存在に見えました。

 

 

ill13
 

よく話を伺うと、真理さんのお悩みは

「間違えちゃいけない・・・間違えちゃいけない・・・」という気持ちが強く、

万が一、自分がミスをすれば大惨事が起きると思っていて、いつも強迫観念に襲われる事。

行動を起こすのが怖くなっていました。

 

何をするにも、失敗してしまうという恐怖から、何度、確認しても、ミスしてしまう。

そんな心の状態から自由になりたいという気持ちから、自分ではどうにも対処できずにうつの症状が出てしまっていました。

 

真理さんの希望は、以前のように自由に創造して生きることだそう。

 

もちろん自由にしてあげるのは、シータヒーリングでお安い御用ですが

信じている事が、変わる必要があります。

原因もたくさん探していきます。

病気の方や、うつの方にセッションする時には、ルールがあるのでそれもよく覚えておく必要があります。

 

 

真理さんの問題はこの後さらに見つかりました。

夜になると血管が破裂しそうになるほど、体が痛くなるそうです。

病名は特に告げられてなく、ホメオパシーとかも試されていました・・・

私は、原因を探していきます。

相手がそれについて、話をしてくれれば、多次元に飛んでいき原因の背景が浮かんできます。

さらに集中を続ければ、創造主からのインスピレーションが飛んできて、それについて正しい質問をすれば原因にたどり着きます。

話を聞いているとだんだんわかってきます。

真理さんは

東南アジアの旅行中に細菌と寄生虫が感染していました。

私は、リーディングによりその微生物が、細菌→寄生虫と進化していくのを見ました。

体の痛みは、きっとこれらが原因でしょう。

 

 

ill14
 

 

 

掘り下げて話を聞った結果、この方は、とても罪の意識を持っていました。

満足していない自分が子供を生んで、不幸な子供を増やしてしまった事への罪です。

「自分も一緒に不幸でいるよ」と誓っている感じ。

※罪の意識は細菌に感染します。アナトミーセミナー参照

 

更に、自分には価値がないという思い込みからこの細菌はウィルスに変身して凶悪化していました。

※価値のなさはウィルスを引き寄せます。アナトミーセミナー参照。

 

 

 

次のステップを踏むことを教えてあげる必要があります。

子供のために幸せになる責任を教えてあげます

断ることも教え、守ることも教え、

何者かになろうとせずに、そのままの自分の素晴らしさを目覚めさせました。

幸せでいて子育てができることを教えてあげました。

勇気も必要です。

 

 

ill2
 

そうすると、

体がポッとするから、頬がピンクになり、顔を上げてくれました。ポッと笑みを浮かべて。

 

確認のために、今までの悩みの事を考えてどう思う・・・?と聞くと

「なんとも思いません」

こうして過去が解決されていくのです。

もちろん、一つの出来事には重要な学びが複数ありますので一回で終わるのと、そうでないものがあります。

 

そして瞬間ヒーリングをします。

 

細胞のプラーナが活性化され、真理さんの「生きる」で自然に治っていく自己治癒力は、これから驚く事をしてくれます。

あとは、なりたい自分へ、「経験」を積んでいく作業で自信につながります。

 

 

シータヒーリングで、60分間。ここまでお手伝いしました。

 

思考を外したら、とても行動をしやすくなる。

だからすぐに行動するのが私流ですが

でも、そのあとの「生き方」は、自分の責任になります。

 

進んで生きるのか?

まだ考えていたいのか?

全部 自由意志のもと、「生き方」はクライアントさん次第です。

 

心を磨きながら生きるのであれば、必ず人生は変化します。

普通では10年かかる出来事を1年で達成できます。

考えてる時間が少なくなるためですね。

 

 

ハートが特定の条件に満たされたら、ほしい経験が現れます。

 

 

今は、

自分で人生変えられる時代。

 

真理さんが顔を上げて微笑んでくれて本当に良かった。

 

 

私は、良い経験をしました。

あの時、「ふつう」の考えだと、次の方が待っているから、セッション時間を短くするという対応でしたが

私は、とっさに「この子を、最後までめんどうみたい」と思いました。

 

私のちょっとの手間をかけて、相手を幸せにできるのであれば、私は少しの手間も惜しまないことが大事だと知りました。

 

別に自分を犠牲にしたのではありません。相手が笑ってくれるのが、うれしかったから。

 

 

 

相手にしてあげれることは、自分にしてあげれることですね。

 

 

最後に、赤ん坊の未来が見えました 5年後の未来が。自由にママと生きていました。Mさんは笑っていたあ。何かやりたいことあるの?と聞くとピアノの先生って言っていました。それが見えました。

この子は、レインボーチルドレンでした。世界を救うために幸せになる特別な子供。赤ん坊が最後に「ありがとう」って言ってきました。

 

この赤ん坊にあったその日、私の波動は最高潮に達して、心が透明になっていました。

1日中、なぜか唇が痺れていて。不思議な感覚。

 

 

なんとなく、2016年のテーマが決まった気がします。

 

笑った顔が見たいから、人のために生きたい。

 

たとえ自分がうまくいっていなくても、人のために生きていれば

自然とうまく行きだす。

それでも、ダメだったら私は仕方ないと思っています。

 

最後は天国の母が褒めてくれるから。

 

 

 

2016年もリリィ・イン・ブルームをよろしくお願い致します。

 

ill1
 

 

 

結局、あなたが受け取る愛は

あなたが与える愛に等しい。

〜ジョン・レノン〜

 

スクリーンショット 2015-12-31 0.24.21
 

ballon (1)
button (1)
title1

title1